肌の状態を美しく保つ|美白美容液で毎日肌ケア

ウーマン

シミはファンデでも隠せる

女の人

塗り方を工夫する

シミ隠しはコンシーラーがないとできないと思われていることもありますが、ファンデーションでシミ隠しが行える場合もあります。ファンデーションはリキッド型がオススメで、広範囲のシミ隠しに有効です。ところどころ濃くて気になるシミは、その部分だけ重ね塗りをするとカバーできます。重ね塗りは上手く行わないと厚くなってみえることがあるので、そこまで気にならないところはスポンジで塗って隠したいところは指で塗ってスポンジでポンポン叩くと厚くならずに済みます。またファンデーションを塗ると首との色が違いすぎて困ることがありますが、フェイスラインから首に近くなるにつれてファンデーションの色を薄くすると自然な色合いでまとまります。

シミの種類

シミには、老人性色素斑・そばかす・肝斑・色素沈着など種類があります。一般的なものは老人性色素斑で、紫外線が原因といわれているので年齢と共に現れやすくなります。顔だけでなく、首や脚などいろんな部位に現れます。そばかすは子どもにも生じる小さいシミで、広範囲に発生します。大人になるにつれて消えることもあるそうですが、肌の色が白い人に起きやすいとされます。肝斑とは目や鼻の下・頬・額などに現れるシミで、濃さも大きさもさまざまです。色素沈着は傷やにきびなど、刺激を受けた皮膚が色素沈着を起こしシミのように一部だけ変色している状態です。年齢は関係なく、凹凸ができることもあります。どのようなシミでも、メイクでシミ隠しを行うことが可能です。できるだけ負担のかからないファンデーションやコンシーラーを使用することをオススメします。